放射率

 Low Emissivity 直訳すると低放射率という意味になるのですが、
いわゆるLow-EガラスのLow-Eの事をさし、放射率の低いガラスの
事をLow-Eガラスといいます。
 一般的なガラスとLow-Eガラスでは、放射率に大きな違いがあり、
放射率が低ければ低いほど、赤外線を反射させ熱を通さないため、
Low-Eガラスは断熱性の高いガラスといえます。

 

 

 Low-Eガラスはガラスの表面に金属膜をコーティングします。
ごく薄い色が付きますが、茶色系や青色系が一般的で色を選ぶ
ことができます。
 赤外線の他に、紫外線も反射させますので、カーテンや障子、
畳等の日焼けを防ぐという効果もありますが、断熱性を高める
ために使用されるのが一般的です。

 Low-Eガラスの殆どは、ペアガラスのサッシとして使用され
ますが、使い方によっては断熱性を高めるほかに、遮熱性を高
める使い方があります。

 建物の内部からの熱を、外部に逃げないようにするのが断熱
であるのに対して、建物の外部からの熱を遮るのが遮熱になり

ます。
これは、ペアガラスのどの面にLow-Eガラス面を向けるかで、
性能を変えられます。

断熱メインであれば、室内側ガラスの外側の面にLow-Eガラス
面を向けることで断熱性が高まり、
遮熱メインであれば、室外
側ガラスの内側の面にLow-Eガラス面を向けることで遮熱性が
高まります。

あとは、方位や部屋によってサッシを使い分ければメリットを
十分に生かすことができます。

 

 

 

オープンハウス開催!!

★Web予約を承っております。お気軽にご参加ください。
現地地図、開催内容はホームページのお知らせをご覧ください。
開催日:令和6年6月15日~16日
時間:午前10:00~午後5:00まで
場所:一関市山目字前田22-2
資金計画、家づくりプラン、土地探し、ライフスタイルなど家づくりに関することなら何でもご相談ください。
新築・リノベーション・リフォーム・店舗設計施工 他