「光と風を感じる」心地よい家づくり

⑧南の光だけにこだわらず、全方向の光を有効に使う

http://www.sankyotateyama-al.co.jp/products/window/index.html

採光のための窓の向きは、東西南北どの方向にも良さがあります。

光には、朝・昼・夕とそれぞれに違った味わいがあるからです。

もちろん、南向きの窓は一日中たっぷりと光が入るのですが

もし、南からの採光が十分に望めない場合は、それぞれの向きに

一番効果的な窓の位置と部屋を考えます。東の窓は、午前中から

光が差し込み、爽やかで気持ちいい。夕方から日が入る西の窓は

綺麗な夕日が楽しめますし、角度によって冬は部屋の奥まであったかい

光が差し込んで、ポカポカとした心地良さを楽しめます。北の窓からは

直射日光が入らず、一日中、安定した光を得られるメリットがあります。

画家や彫刻家などのアトリエが北側に窓を取るのはそのため、部屋に落ち着き

をもたらします。暮らし方や部屋の使い方にあわせて、それぞれの光の特徴を

生かした窓を設ければ、各方位から趣の違う光を取り込める。

味わい深い家になるでしょう。

夢が広がる家づくり  リームス・ホーム

オープンハウス開催!!

★Web予約を承っております。お気軽にご参加ください。
現地地図、開催内容はホームページのお知らせをご覧ください。
開催日:令和6年6月15日~16日
時間:午前10:00~午後5:00まで
場所:一関市山目字前田22-2
資金計画、家づくりプラン、土地探し、ライフスタイルなど家づくりに関することなら何でもご相談ください。
新築・リノベーション・リフォーム・店舗設計施工 他