リームス・ホームの家づくり

現在の家づくりの多くは、性能重視のものが多く消費エネルギーゼロを目指しています。

はたして、それが生活する上で本当に良い家なのでしょうか。
人それぞれに生活スタイルがありますし、価値観も違います。 企画型や提案型の住宅では、どこまで満足いただけるのでしょうか。
私たちリームス・ホームは、個々のライフスタイルを取り入れながら地域の地形や環境を生かす光と風を感じるライフスタイルにフィットした建物を地元の皆様と「共に道を創る」思いで、家づくりを考えています。
建物の特徴としては「光と風を感じる家」「シンプルでフィットする家」です。 なぜなら、光が入る、光が通ることで安心する。朝日は、一日の始まりで活力を漲らせる。 夕日は仕事の終わりを告げ明日への期待をする。春の陽、夏の陽、秋の陽、冬の陽は四季を伝え季節を感じることにより自然と融合する。
これが、人間古来からの生活スタイルであったし、光の効用として医学の世界でも様々な効果が期待されています。 風は、心地よさや涼しさと風情をもたらします。生きるための酸素を森林から運び込み湿気も取り払う。
生命の法則に大きく貢献している。生活環境が良くなることで、精神的にも健康で明るく元気でいられる生活を届けます。 さらに、ライフスタイルや家族構成の変化から、その都度、住まい方は変化しますので四角い部屋を欲しいだけ足す間取りの取り方ではなく、オープンスペースを基本として現在の生活にフィットする空間を将来に向けて可変性のある快適空間を提供します。

リームス・ホームのポジション

私たちリームス・ホームは、個々のライフスタイルを取り入れながら、コストを抑えお客様に満足いただける家づくりをご提案しております。

リームス・ホームの設計コンセプト

建設地の特性を生かし、ライフスタイルにフィットした設計!

外との繋がり

借景や空を呼び込むことにより、室内空間の広がりと自然を感じることが出来る。室内から外部へ視界が抜けることで心地のいい場所となる。

光の効用

室内に光が入る、光が通ることで、ホット心が和みます。四季を伝え四季を感じることにより自然と融合する。これが、人間古来からの生活スタイルです。住まいにも、多くの光を呼び込み、体にも精神的にも健康で明るく元気でいられる生活を届けます。

風の効用

風が、生きるための酸素を森林から運び込み、風が湿気を取り払う、風は生命の法則に大きく貢献しています。自然環境を生かし建物にも風を起こすことで、生活環境が良くなります。

オープンスペース

ライフスタイルや家族構成の変化から、その都度、住まい方は変化します。四角い部屋を欲しいだけ足す間取りの取り方ではなく、オープンスペースを基本として現在の生活にフィットする空間を、将来に向けて可変性のある快適空間として提供します。

光の効用

基本的な部分に加えて周辺状況を重要視することで、
「光と風を感じる」心地よい家づくりが出来る!

光が入る、光が通ることで、安心する。朝日は一日の始まりで活力を漲らせる。夕日は仕事の終わりを告げ明日への期待をする。春の陽、夏の陽、秋の陽、冬の陽は四季を伝え季節感を感じることにより自然と融合する。これが、人間古来からの生活スタイルである。医学の世界でも様々な効果が期待されています。住まいにも、多くの光を呼び込み体にも精神的にも良く健康で明るく元気でいられる生活を届けます。

風の効果

光と風を取り込むことで快適なエコな室内環境ができる

風により心地よさや涼しさと風情に出会うことができる。風が、生きるための酸素を森林から運び込む。風が湿気を取り払う。風が生命の法則に大きく貢献している。自然環境を生かし建物にも風を起こすことで、生活環境が良くなる。家族のライフスタイルにも風が起き、得られるものが豊富にあるはずです。

地域により光と風が入る位置が違う

オープンスペース

マイホームは生活するための箱である。一人で住む場合もあれば、二人から三人、四人と増えていく可能性もある。さらには、二人、一人となる時期も来るであろう。その先には、違う人が住むことも考えられる。その都度、住まい方は変化する。四角い部屋を欲しいだけ足すと間取りは完成するが、今だけ必要なものとなる。部屋をどんどん並べると仕切られたスペースが、コミュニケーションの機会を減らす。それが豊かさと勘違いしているのが現代の建築である。オープンスペースを基本として、現在の生活シーンにフィットする空間を造作する。それも簡単にできる手法で。これが、ライフスタイルに合ったシンプルフィットな快適空間となる。

敷地調査のポイント

 

近隣の状況を確認することで
心地よい家づくりの
プランニングができる!

私たちリームス・ホームは、お客様の敷地・既存建物の形状・状況、隣家の位置・形状、街並み、道路・隣地・敷地内の高低差、道路の幅、歩道の有無、交通量、道路沿いの景観、周辺環境や生活環境(日照・明るさ・風通し、風向き、騒音、振動など)あらゆる面で、あらゆる角度から調査し、建物の形状、構造、間取りなど設計に反映いたします。

敷地調査のポイント

自由設計・注文住宅

自由設計○○の家とネーミングされたものは企画型住宅!

本物の自由設計・注文住宅とは?

  • 建設地の県境・立地・近隣建物・機構条件を基に快適な住まいを提案する
  • 設計コンセプトに合わせた建物名が付く
  • ライフスタイルや拘りを設計に取り込みオンリーワンの家づくりをする
  • 建築工法や設備、内外装仕上げ、外構工事を予算や拘りに合わせ提案する