「光と風を感じる」心地よい家づくり

⑤中庭をコの字型に囲めば全部屋に光が回る

細長い敷地や都市部の住宅密集地でも、たくさんの光の中で暮らしたい。

そんな要望を叶えるためには、建物のほぼ中央に中庭や坪庭をつくれば

実現できます。たとえば、両サイドに隣家が迫っているような敷地では

隣地境界線と建物との間に十分な距離をあける余裕がなく、壁から

十分な光を取り込むことができません。京都の町屋は典型的な例で

このような立地の場合、中庭を設けて1階も2階も中庭に向けて窓を

取れば、どの部屋にも光が届き、通風を得ることも可能です。

中庭をガラスでぐるりと囲めば、庭越しに向こうの部屋が

見通せて解放感も得られるでしょう。家具を置いて

アウトドア・リビングとして使うのなら別として

光を取り入れるためだけの中庭なら広さはそれほど

必要なく、1坪あれば十分です。小さいスペースながら

1本の木を植えたり草花の鉢を置くだけで

やすらぎスペースが生まれます。

夢が広がる家づくり  リームス・ホーム

 

Follow me!