折り戸式サッシ

 一般的にはリビングの掃き出し部分や、2階のバルコニーに面した部分に採用
されるサッシです。
ほぼ全ての幅が開口になります。
これが引き違いサッシですと、横幅の半分しか開口しません。

 

 リビングの前にウッドデッキ等を設置する場合には、接するサッシは折り戸式を
おススメします。
開口部が広く取れる事により、リビングとウッドデッキとの一体感が生まれ、更に
リビングの奥行きが広がります。

 一般的なサッシと違い値段は高めですが、そこにはちゃんとした理由があります。
折り戸式サッシは窓枠に比重が大きくかかるため、その分窓枠を補強し、丈夫にして
おり、ガラスが入っている本体の戸自体も形状が特殊なため、一般的なサッシよりも
割高になっています。
まして、
アルミサッシですので、ガラスの面が大きければ大きいほど、サッシ自体の
重量が上がり、窓枠への負担が大きくなるのも理由のひとつです。

 折り戸式に限りませんが、窓(サッシ)は外の風景を取り入れることができ、自然の
明かりが降り注ぎ、心地よい風が舞いこむことで、とても重要な繋がりをもたらして
くれます。

窓から始まる家づくり リームス・ホーム

 

Follow me!

次の記事

旧車