薪ストーブ

 TVや雑誌等で見かける別荘や、セカンドハウスには必ずと
言っていいほど備えられている暖炉や薪ストーブ。
とても優雅な存在感を放っていますが、その裏には薪の調達、
煙突掃除、火の管理、メンテナンス等、一見単純そうに見え
ても、他の暖房設備にはない手間ひまがあります。

 それにもかかわらず、年々人気が高まっているのは、その
手間ひまがスローライフの象徴であり、車同様、手間ひまが
かかるほど思い入れも強くなり、オンリーワンの世界になる
からではないでしょうか。

 日本で、薪ストーブが一般家庭の暖房に普及し始めたのは、
ここ
30年くらいとのこと。
 京都議定書から始まったCO2削減による省エネ、エコの
促進もあり、新築住宅でもメイン暖房として設置する家庭が
増えているのは当たり前なのかもしれません。

 

 薪ストーブといっても単純そうに思えますが、実は様々な
種類があります。
材質は大きく分けて2種類、鋳物製と、鋼板製があります。

 

 鋳物製の薪ストーブは前回紹介した輻射熱の特性を生かし
たもので、弱い火力でも、柔らかで安定した暖かさを得る事
ができます。

 鋼板製の薪ストーブはデザイン性に優れ、輻射式と対流式
の2種類あり、燃焼の方式も触媒式、グリーンバーン式等が
あります。
外観からは想像もつかないような最新技術が、組み込まれて
います。

ゆらゆらと燃える炎を眺めていたら、一日の疲れも癒される
かもしれませんね。

Follow me!