水かけ祭り

2月11日に着工前挨拶に現場へ行くと、一関の冬を代表する

大東大原水かけ祭りが開催されていました。

この極寒の中、裸で走り抜ける男たちに待ちかまえた人たちが

冷たい水を浴びせる「天下の奇祭」だそうです。

水を浴びせられる方もかける方も男だけという

340年以上もの歴史を持つ男の祭りです。

残念ながら午前中でしたので、3時からの商店街を疾走する様子は

見れませんでしたが、この真冬の氷点下の中

裸姿に水をかけられるなんて正に驚異の奇祭ですね。

水かけを用意している清め水と呼ばれる水ですが

見てみるとうっすら氷がはる位の冷たさでした。

 

Follow me!