「光と風を感じる」心地よい家づくり

⑧南の光だけにこだわらず、全方向の光を有効に使う

http://www.sankyotateyama-al.co.jp/products/window/index.html

採光のための窓の向きは、東西南北どの方向にも良さがあります。

光には、朝・昼・夕とそれぞれに違った味わいがあるからです。

もちろん、南向きの窓は一日中たっぷりと光が入るのですが

もし、南からの採光が十分に望めない場合は、それぞれの向きに

一番効果的な窓の位置と部屋を考えます。東の窓は、午前中から

光が差し込み、爽やかで気持ちいい。夕方から日が入る西の窓は

綺麗な夕日が楽しめますし、角度によって冬は部屋の奥まであったかい

光が差し込んで、ポカポカとした心地良さを楽しめます。北の窓からは

直射日光が入らず、一日中、安定した光を得られるメリットがあります。

画家や彫刻家などのアトリエが北側に窓を取るのはそのため、部屋に落ち着き

をもたらします。暮らし方や部屋の使い方にあわせて、それぞれの光の特徴を

生かした窓を設ければ、各方位から趣の違う光を取り込める。

味わい深い家になるでしょう。

夢が広がる家づくり  リームス・ホーム

Follow me!