「光と風を感じる」心地よい家づくり

⑦フロストガラスやガラスブロックで目隠ししながら光を得る

http://g-tonya.com/order/syurui/flossto.html

 

窓は、必ずしも透明とは限らず、外の視線をカットしつつ光を取り入れたい

場合、フロストガラスを採用するのも方法です。フロストガラスとは、透明

ガラスの表面を加工して乳白色の不透明にしたガラスのこと。光が当たると

拡散し、障子越しに入る柔らかい光のような心地よさがあります。採光はし

たいけど、外視線は遮りたい、あるいは、室内からは見たくない景色がある

場合などに、このようなガラスを採用すれば、目隠ししながら部屋中に十分

な光を得ることができます。また、室内の仕切りにも有効です。壁で仕切る

と暗くなる場所もフロストガラスで仕切れば、気配を感じながら明るさも

得られ、丸見えになるのを防げます。

夢が広がる家づくり リームス・ホーム

Follow me!

前の記事

光の効用

次の記事

盛岡一戸建上棟