空間づくり・・・敷地調査

③磁北と真北?



磁北とは皆様がご存知の通り、方位磁石での北方向です。
ですが、測る場所で磁石の針が一定箇所に落ち着かないことがある
北がどの位置なのか不明確な場合があります。高圧線や電磁波など
の影響で測定不可能な場合や正確でない場合が多くあります。
また、方位磁石の北を示す位置は正確なものではありません。
正確な北を示す言葉が真北といいます。東北の場合ですと磁北
から西に約8°移動した点が真北となります。
住宅を建築する場合に大きく影響してくる南北方向は、正確でなければ
なりません。日当たり、風通し、方位学などにも関係します。安易に
北方向を決めれば、大変なことになります。
では、どうすればよいのか?
国土調査で測量をしたときに正確な北方向を測定しています。
市役所に行けば、お住まいの地域の真北が確認できる資料があります。
この調査は、敷地調査の重要な調査ポイントとなりますので注意してく
ださい。
私たちは、必ず真北を調査します。ここから、住宅のプランニングが
スタートするからです。

 

夢が広がる家づくり  リームス・ホーム

 

オープンハウス開催          2/11(土)~12/12(日)       

オープンハウス開催 2/11(土)~2/12(日)
クリーン・デザインハウス新提案
(オープンハウス同時開催)
高騰している電気代を抑え
デザイン住宅を建てる
会場:一関市厳美町字外谷地143番288(地番)
時間:10:00~17:00
事前予約制となっております。
イベント内容、現地地図は
「お知らせ」からご確認ください